ホウレンソウ 「血液浄化」と「がん細胞の抑制」のダブル効果

かつての人気アニメ「ポパイ」のパワーの源としておなじみ。

β・カロテン、B群、C・E・葉酸・Kなどのビタミン、鉄、マンガン、

亜鉛、リン、マグネシウム、ヨード、カルシウム、ナトリウム、

カリウムなどのミネラルを含み、

まさに「緑黄色野菜の王様」といえます。

ホウレンソウは胃腸を浄化し、再建・再生し、通風の原因となる尿酸を

排出する作用もあるとされるので、

過食飽食気味の人は積極的に摂るようにしましょう。

 

濃い緑色の成分であるクロロフィル(葉緑素)は、ヘモグロビンと

成分が似ており、血液中の有害物質と結びついて血液を浄化する作用があります。

また、クロロフィルは、β・カロテンとの相互作用によってがん細胞を抑制し、

コレステロールを低下させる作用もあります。

 

がんの原因となる血液の汚れを浄化し、

さらにがん細胞を抑制するという二段構えでがんに対抗してくれる野菜なのです。

 

苦手な人もクスリだとおもって食べてみてはいかがでしょう。